小枝アクセサリーの作り方!手順と手作りに必要な材料・通販での購入先やワイヤーの太さを紹介

小枝アクセサリーの作り方 ハンドメイドアイテムの作り方

【実践編】写真で解説!小枝アクセサリーの作り方

小枝が完成したら、アクセサリーに仕立てましょう。
今回は、ピアスとネックレスの作り方を紹介します。

小枝ピアスの作り方

小枝ピアスを作ってみました。

まずは、こちらの小枝ピアスを作ってみましょう。
モチーフ1つでできるので簡単ですよ。

使うのは30cmのワイヤーで作った基本のモチーフ1つです。

小枝ピアスの材料は30cmのワイヤーで作ったモチーフ1つです。

①枝の先を丸めます。
丸ヤットコの先端を使って、余らせておいたワイヤーで輪を作りましょう。
ヤットコがない場合は、つまようじの軸やボールペンの芯など、細くて丸いもので代用してください。

余ったワイヤーは輪の根本に巻き付けて処理します。
(長すぎる場合はカットしましょう)

丸ヤットコの先端を使って、ワイヤーを丸めます。

②丸カンとピアスパーツを取り付けます。

小枝モチーフとアクセサリーパーツを丸カンでつなぎます。

工程①で作った輪とピアスパーツを、丸カンでつなぎます。
小枝以外のパーツを追加したい時はこの工程で。

③同じものをもう一つ作って、完成です。
フリーハンドでの作業なので、まったく同じデザインは難しいと思うのですが、枝の数やだいたいの長さ、使うパーツを揃えればセットに見えますよ。

同じものを2つ作れば小枝ピアスの完成です。

小枝ネックレスの作り方

小枝ネックレスを作りました

続いては、ネックレスを作ってみます。
ちなみに、ブライダルアイテムとして人気のヘッドドレスやバックカチューシャも途中まで同じ作り方ですよ♪

スポンサーリンク

①まずは小枝モチーフをたくさんつなぎます。
基本の作り方を参考に、どんどん枝を大きくしましょう。

10本の小枝がつながりました

②枝の両端に輪を作る
残っていたワイヤーをまとめ、アクセサリーパーツと繋げるための輪を作ります。
反対側は、ワイヤーだけをねじって輪を作り、枝とくっつけます。

枝の両端に輪を作る

↑ここで作った輪にヘアピンを通すと、ヘッドドレスとして使えます!

③ネックレスチェーンやカニカンをつないで完成です。
工程②で作った輪に丸カンとネックレスチェーンを通します。

小枝とネックレスチェーンをつなぐ
ミロク
ミロク

私は、手持ちのチェーンが短かった(←買い間違えた…)ので、パールビーズとワイヤーでチェーンを自作してみました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、チェーンの先端にはカニカンを付けておきましょう。

完成品が、こちら。

自分で作った小枝ネックレスを着けてみました。

↑GUのセールで買った1000円のTシャツも、気持ち高見えしてきましたよ~(笑)
デザイン次第でドレスアップにもカジュアルにも対応できますね。

ワイヤーとビーズをひたすらつなぐだけで、こんな大作もできてしまいます。
ぜひ、あなたも作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

ハンドメイド作家さん向け「販売の仕組み化」の教科書

・ハンドメイドマーケットでの価格競争に巻き込まれてしまう

・「本当に買う気ある?」って人からのクレームめいた問い合わせに疲れている

・この先ずっと新規のお客様を探し続けるのはつらい

・限られた時間を、もっと作品制作のために使いたい!

そんなお悩みをお持ちのハンドメイド作家さん向けに、

「ハンドメイド販売の仕組み化」を学べる教科書を製作中です。

メルマガ限定で公開予定です。

ハンドメイドをお仕事として本気で続けていきたい方は、

こちらから登録してくださいね。

ハンドメイドアイテムの作り方
ミロクをフォローする
現役ハンドメイド作家ミロクのメモ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました