小枝アクセサリーの作り方!手順と手作りに必要な材料・通販での購入先やワイヤーの太さを紹介

小枝アクセサリーの作り方 ハンドメイドアイテムの作り方

【基礎編】写真で解説!小枝アクセサリーの作り方

ここからは実際に作り方を紹介していきます。
基本さえ一度覚えてしまえば、あとはひたすら同じことの繰り返しなので、根気よくいきましょう。

小枝アクセサリーの作業手順は

  • 基本モチーフを作る
  • たまにアレンジを加えながら小枝モチーフを量産する
  • 小枝モチーフ同士をつなぎ合わせる

となっています。

アイコ
アイコ

ビーズバッグの作り方」の時も「根気が~~」って言ってなかった?

ミロク
ミロク

そうでしたっけ?
でも、ハンドメイドは基本的に根気勝負だと思ってます(笑)

先に【失敗例】を見てみましょう

小枝モチーフ失敗例

この写真は、失敗例を集めて作った、その名も「NGの枝」です(笑)
見るからに不格好ですよね。

この枝のダメなところは

  • 隙間ができている
  • パールが傾いている
  • ねじり方がゆるすぎる

の3点です。

失敗例① 隙間ができている

パールの下に隙間ができています。
写真左側の枝のように、根元ギリギリまで締めましょう。

失敗例② パールが傾いている

写真上側のワイヤーだけ長くなっていますよね。
ビーズを通してねじり始める時に、左右のワイヤーを均等に取れなかったためにビーズが傾いてしまいました。

ビーズの真下でねじれるように、最初の位置決めを慎重に行いましょう。

失敗例③ ねじり方がゆるすぎる

ワイヤーをねじる時の力加減が弱すぎると、写真のようにゆるくなってしまいます。
片側をヤットコ等でしっかり固定し、もう片方を少し引っ張り気味に、同じ力加減でリズミカルにねじっていきましょう。

手順その1:基本モチーフの作り方を詳しく解説!

NGの枝を量産してしまわないように、まずは基本となる小枝モチーフの正しい作り方をマスターしましょう!

使用したのは、

  • ワイヤー(0.3mm) 20cm
  • パールビーズ(6mm) 1個
  • パールビーズ(4mm) 4個

 です。

①6mmのパールビーズをワイヤーに通し、真ん中に持ってきます。

小枝モチーフの作り方①6mmのパールを1つ、ワイヤーに通して真ん中に置きます。

②パールビーズが傾かないように気を付けながら、両側のワイヤーをひとまとめにねじります。
この時、ビーズを少し引っ張り気味にねじると、緩まずにキレイに仕上がります。

パールビーズが傾かないようにワイヤーをねじります。
ミロク
ミロク

ねじりすぎるとワイヤーが切れてしまうので、やりすぎ注意です!

③片方のワイヤーに4mmパールビーズを通し、ねじります。
2個目以降は、枝の長さを考えながらパールの位置を決めましょう。

片方のワイヤーに4mmビーズを通してねじります。

反対側のワイヤーも同様にビーズを通してねじります。

反対側のワイヤーもビーズを通してねじります。

④ビーズを通さずワイヤーだけでねじります。

スポンサーリンク

ビーズを通さずワイヤーだけでねじります。

⑤工程③④を繰り返して、枝を増やします。
あとの工程で使うので、3cm以上ワイヤーを余らせておきます。

枝を増やして、最後に角度を整えます。
ミロク
ミロク

これで、基本のモチーフ完成です。

手順その2:アレンジしながら小枝モチーフを量産する

基本をマスターしたら、あとは必要な分量をひたすらに量産します。

先ほどの基本モチーフはワイヤー20cmで作りましたが、ワイヤーを長く取れば大きなモチーフができます。
次の写真は、左からワイヤーを20cm・30cm・50cmにカットして作ったものです。

ワイヤーの長さを20cm、30cm、50cmで比較しました。

枝部分の長さによって差は出ますが、ワイヤーを長く取ればその分大きくて枝も多いモチーフができます。

実際に作ってみた私の体感では、20~30cmくらいのモチーフが繋ぎやすかったのでおすすめです。

逆に、写真右の50cmモチーフは長すぎて、他のモチーフと合わせづらかったです。

ワイヤーが長くなると作業中の取り回しが難しくなるので、まずは短いものから慣れていくのが良いと思います。

ワイヤーの長さ以外にも、

  • 枝の分岐の仕方を変えてみる
  • 使うビーズの種類をたまに変えてみる

などのバリエーションを付けながら小枝を増やしてみてください。

手順その3:小枝モチーフ同士の繋ぎ方

2つの小枝モチーフをつなぎ合わせてみます。

続いて、手順その2で量産した小枝モチーフをつなぎ合わせてみましょう。
こちらの2つの小枝を使います。

①まず、2つのモチーフを重ね合わせ、バランスを見ながら交点を決めます。
交点が決まったら、片側をヤットコ(または手)でしっかり押さえながら2~3回ねじって固定します。

2つの小枝モチーフを重ね合わせ、交点を決めます。
2つの小枝がつながりました。

②残りのワイヤーもねじってまとめておきます。

③必要なサイズになるまでつなぎ合わせていきます。
工程②でまとめた枝に、次の小枝を足していきましょう。

必要な長さまでつなぎ合わせます。

↑4つつないだところ。

↓10本の小枝がつながったところ。

10本の小枝がつながりました

枝の長さが足りなかったり、ワイヤーの先端がきれいに処理できないところは、枝ではなくワイヤーだけを継ぎ足して調整します。
枝になっていないビーズを単体で足してみてもアクセントになって面白いと思います。

スポンサーリンク

ハンドメイド作家さん向け「販売の仕組み化」の教科書

・ハンドメイドマーケットでの価格競争に巻き込まれてしまう

・「本当に買う気ある?」って人からのクレームめいた問い合わせに疲れている

・この先ずっと新規のお客様を探し続けるのはつらい

・限られた時間を、もっと作品制作のために使いたい!

そんなお悩みをお持ちのハンドメイド作家さん向けに、

「ハンドメイド販売の仕組み化」を学べる教科書を製作中です。

メルマガ限定で公開予定です。

ハンドメイドをお仕事として本気で続けていきたい方は、

こちらから登録してくださいね。

ハンドメイドアイテムの作り方
ミロクをフォローする
現役ハンドメイド作家ミロクのメモ帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました