こんにちは。現役ハンドメイド作家のミロクです。

最近、ビーズバッグが注目されていますが、皆さんはもう持っていますか?

これから夏に向けて、どんどん活躍してくれるビーズバッグ。
私もそろそろお気に入りが一つ欲しいなーと、思っていました。

そこで、せっかくなので自分で作ってみました!

アイコアイコ

作れるものなの!?

ミロクミロク

はい。初めてだったけど、意外とスムーズに作れましたよ。

今回は、流行りのビーズバッグの作り方の手順や必要な材料を、実際に私が作りながら写真や画像つきで詳しく紹介していきます。

私は普段からバッグ作りをしていますが、私が使うのは主に布や革なのでビーズバッグ作りはもちろん初めて。
そんな私でもできたので、皆さんでもきっと大丈夫です!

スポンサーリンク

ビーズバッグの完成サイズと材料

今回作るビーズバッグの完成品とサイズをチェック!

まずは、今回作るバッグの完成形を見てみましょう。
こちらです!

ビーズバッグを自作しました。

自立できない「くったり系」バッグは、歪まないように一人で撮影するのが難しいです。
このバッグは、持ち手にテグスを付け、そのテグスを画びょう(画面外)で壁に固定して撮影しました。
バッグが布製なら、中に詰め物をして形を整えると見栄えがしますよ。
今回はビーズなので詰め物は無しで。

大きさは縦横がそれぞれ約20cm、マチは約6cmとってあります。
イメージとしては、長財布を縦横どちらにしても入れられるくらい、また、500mlのペットボトルを入れられるくらいのマチ幅です。

持ち手は約32cmで作りました。
肩からかけるのは難しいですが、手持ち・肘にかけるスタイルで使えます。

アイコアイコ

寸法が「約」〇〇cmなのはどうして?

※寸法について※

編んだビーズ同士の隙間の影響があるので、10mmビーズが20個並んでも、ぴったり20cmにはなりません。
(完成後に実際に測ってみると横幅は23cmほどあります)
この記事では作りやすさを優先して、この隙間分の誤差を無視して寸法を記載しています。

どうしても寸法を重視したい場合は、自分の用意したビーズで試し編みをして、必要な編み目の数を計算しなおしてください。

ビーズバッグ作りに必要な材料

続いて、材料です。
今回のバッグを作るために買ったのは、

  • アクリルビーズ(直径10mm 白(透明色):684個、紫:328個、緑:294個)
  • テグス(2号)
  • ビーズ手芸用ボンド
  • ビーズ針

です。
(結局、ビーズ針は1度も使わずに普通の縫い針を使いました)

私が買い揃えた、ビーズバッグ作りに必要な材料一覧

写真にはビーズは3色が1袋(約500個入)ずつ写っていますが、実際には白(透明色)は2袋買いました。
ビーズの個数は、バッグのサイズや使うビーズの種類・色数で変わってくるので参考程度にしてくださいね。

ちなみに、すべて楽天で購入しました。

↑私はクリスタルを2袋、ライトパープル・ライトグリーンを各1袋ずつ買いました。
この容量でこのお値段はお得すぎです!

サイズ違いもあるので、お好みで選んでください。

↑テグスは数字が小さいほうが細くなります。
細くてもとても丈夫でした。

↑細口ノズルで細かい結び目にも楽に塗れました。

ビーズバッグの作り方まとめ

先に、制作手順をまとめておきますね。

ビーズバッグの作り方は

  1. 本体を作る
  2. 底を作る
  3. 持ち手を作る

の3ステップです。

本体と持ち手は同じ編み方、底部分だけ少し変えていますが、どちらも簡単です。

ミロクミロク

不器用さんでも大丈夫!

材料以外に必要なのは、単純作業を最後までやり抜く根気だけです!

写真とイラストで解説!ビーズバッグの作り方

では、さっそく作っていきましょう!

…と、その前に、今回使う基本の編み方を2つ紹介します。

ミロクミロク

2つといっても、ほとんど同じなのですぐ覚えられますよ

【基本のビーズの編み方1】

基本の編み方1は、本体と持ち手で使う編み方です。

ビーズバッグ 基本の編み方

  1. 両端に縫い針を通したテグスに、ビーズを2個通します。(上図①の赤ビーズ)
  2. さらに、①のビーズの左右に2個ずつ通します(上図②のビーズ)
  3. さらに片側のテグスにビーズを2個通し、もう片方のテグスを交差するように通します(上図③の黄色ビーズ)

これで輪が一つできます。
あとは、手順2と3を繰り返して、必要な長さまで編みます。

途中でテグスが絡んだりゆるんだりしないように注意しましょう!

【基本のビーズの編み方2】

基本の編み方2は底を編むときに使います。
ビーズバッグ基本の編み方2基本の編み方1との違いは、途中で通すビーズの数だけで、編み方自体は同じです。
こちらの方がビーズ同士の隙間が狭いので、バッグの中身が落ちにくくなります。

【テグスの始末】

テグスの残りが短くなってきたら、次の図のように始末してください。

ビーズバッグ 糸始末の仕方

  1. 編んだビーズにテグスを通して、テグスの両端を同じ位置に持ってきます。
    通す場所は、解けなければ通しやすいところを通ってOKです。
    (上図の場合、右端から始めて、赤と青の線を通って、左下の青丸まで進めます)
  2. 青丸のところで固結びを2回して、ボンドで留めます。
  3. 残ったテグスをさらに別のビーズ2~3個にくぐらせてから切ります。
  4. 新しいテグスをビーズに通し、続きを編みます。

結ぶ前には緩みやねじれがないかチェックしてください。

スポンサーリンク

ビーズバッグの作り方①本体を作る

本体は、袋口からスタートして、底に向かって編みます。

【1段目】

基本の編み方1でぐるりと1周編んでいきましょう。

ビーズバッグ 基本の編み方
(本体10目+マチ3目)×2なので、全部で26目作ります。
最後は、番最初に通したビーズ2個(上図の赤いビーズ)を拾って全体を輪のように繋げます。

すると、このようになります。

ビーズバッグの袋口部分が編みあがりました。

ここまで出来たら、糸始末の方法を参考にして結び目を作ります。
緩まないように留めたいだけなので、テグスが長く余っている場合は切らずにそのまま2段目に進んでOKです。

 

【2段目~】

2段目以降は、前の段のビーズを拾いながら編んでいきます。
下の図は、2段目の始め方です。

ビーズバッグ2段目編みはじめ

  1. 上図の赤丸部分からテグスを出します。
  2. 右のテグス(赤い線)を1段目のビーズ2個に通します。
  3. 左のテグス(青い線)は、新しくビーズを4個通します。
    ここは柄に合わせて色を選びます。私は次の3段目から色を変えたいので、白ビーズ×2と紫ビーズ×2を通しました。
  4. さらに白ビーズを2個通し、両方のテグスを交差します。

2段目を一目編むと、写真のようになります。

ビーズバッグ 2段目を編み始めます

手順2~4を繰り返して、2段目もぐるっと1周編みます。

3段目以降も同様に、ビーズの色を変えながら編んでいきます。

ビーズバッグ 3段目まで終了

これは3段目まで終わったところ。
色が変わっているだけで、編み方はずっと変わりません。

ミロクミロク

ここからは根気よく進めましょう!

ビーズバッグ 本体が編みあがりました

ビーズの配色に気を付けながら必要な段数を編み、本体が完成です!
この時点で、テグスが緩まないようにしっかりと結んで留めておきましょう。

次は底を編みます。

ビーズバッグの作り方②底を作る

本体ができたので、次は底を編みましょう。
底は、基本の編み方2を使います。

ビーズバッグ基本の編み方2

下の図は、本体を底側からのぞいた状態です。
縦に6個、横に20個ビーズが並んでいます。
図の赤丸の位置、角の部分から底を編み始めます。

ビーズバッグ 底の編み方

  1. 片側のテグス(赤い線)でマチ側のビーズ(白)を2個拾います
  2. もう一方のテグス(青い線)で本体側のビーズ(白)を1個拾います
  3. 赤い線のテグスに新しくビーズ(白)を1個通します
  4. さらに新しくビーズ(紫)を2個通し、テグスを交差させて1目完成です

手順2~4を繰り返して、底を1段編みます。

同様に本体のビーズを拾いながら、2段目・3段目を編んで、底を完成させます。

ビーズバッグの底が完成しました

 

ビーズバッグの作り方③持ち手を作る

最後に持ち手を付けましょう。

持ち手は、本体と同じ基本の編み方1で編みます。
ビーズバッグ 基本の編み方

 

本体の持ち手取付位置の一段下にテグスを通します。
本体の左右の端から3目のところに付けます。
力がかかる部分なので、テグスは二重にしておきましょう!

ビーズバッグ 持ち手の付け方

上図の①の場所から、ビーズの中を通って袋口までテグスを持ってきます。
あとは、本体と同じように基本の編み方1で必要な長さまで編んでいきます。

最後は袋口のビーズをすくって持ち手と本体を繋げ、初めと同じように1段下までテグスを通してから始末します。

同様に、反対側にも持ち手を付けます。

アイコアイコ

何でわざわざ1段下にテグスを通すの?

ミロクミロク

持ち手の取り付け部分には負荷がかかるので、補強の意味で少し下からスタートしています

 

以上で、完成です!

トレンドのビーズバッグを自作してみました

 

まとめ

今回は、今年のトレンドとして注目されているビーズバッグを作ってみました。

おさらいすると、使った材料は

  • アクリルビーズ(直径10mm 白(透明色):684個、紫:328個、緑:294個)
  • テグス(2号)
  • ビーズ手芸用ボンド

作り方はシンプルで、「テグスにビーズを通しては交差して編み目を作る」というのをひたすら繰り返すだけです。
単純作業ですが、ビーズの色を変えながら編んでいくので楽しいですよ。

ビーズに不慣れな私の場合ですが、所要時間は全体で5時間強でした。
一度作ってみて要領がわかったので、次からはもっと早くできそうです!
ビーズのサイズやバッグ自体の大きさを調節すると、もっと時短できますね。

必要なのは根気だけなので、皆さんも夏に向けて今のうちから少しずつ作ってみてください!

こちらの記事でもビーズバッグを紹介しています。
どんなビーズバッグが流行っているかもチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク