作品作りのベースとなる型紙。
あなたはどのような方法で作っていますか?
私は、市販の型紙をベースに(多少アレンジをして)作品を作ることもありますし、全くゼロから自分で作り上げることもあります。
何度も修正しながらやっと形にした型紙、毎回同じ形を引き直すのは大変ですよね。
やはり、一度作ったら何度も再利用したいものです。

今回は、現役ハンドメイド作家の私ミロクが実際に使っている、何度も使える型紙の作り方と使用素材をご紹介します。

スポンサーリンク

基本の作り方

型紙の作り方は人それぞれだと思います。
使用素材をご紹介する前に、まずは私の型紙づくりにおける共通の作り方をご紹介します。
それは、

  • 縫い代込みの寸法で作ること
  • 出来上がり線や合印に切り込みを入れる

の2点です。

縫い代込みの寸法で作る

型紙作りでまず決めなければいけないのは、出来上がり線縫い代線のどちらで作るかです。

アイコアイコ

どちらで作るのが正しいの?


「どちらが正しい」というのはありません。
作るものに合わせて決めてもらっていいのですが、私は基本的に縫い代込みで作ります。

アイコアイコ

どうして?


縫い代込みで型紙を作ると、写した線をそのまま切ることができます。
縫い代幅が一定なら、出来上がり線の印付けを省略してそのまま縫うことができます。
同じ形の作品をたくさん作る作家にとって、一つ一つ印つけをしていくのは結構なタイムロスです。
クオリティを落とさずに省略できるところは、どんどん時短していきたいですね。

出来上がり線や合印に切込みを入れる

縫い代線で作った型紙に、出来上がり線や合印、その他必要な線を書き込みます。
そして、出来上がり線の角・カーブの部分合印をカッターで切り抜きます。
そうすると、型紙を布に置いた時に、縫い代線(裁断する線)と出来上がり線が同時に付けられます。
残った出来上がり線の直線部分は、必要であれば後から定規をあてて書き足します。

ミロクミロク

慣れてる人は、直線部分の出来上がり線を省略してOKです

型紙の素材について

型紙を写すときはハトロン紙やトレーシングペーパーを使うのが一般的です。
しかし、これらの紙は薄いので、何度も繰り返し使うには不向きです。
私は次のような素材を用途に合わせて使い分けています。

スポンサーリンク

工作用紙を使う

100円ショップダイソーで買える方眼入りの工作用紙。
A3サイズでバッグ・ポーチの型紙におすすめです。

工作用紙のメリット

  • 方眼になっているので、書くのも切るのもラク
  • 筆記用具を選ばない
  • A3サイズ×5枚入りで108円とコスパが良い

工作用紙のデメリット

  • 厚紙なので、布の柄が透けて見えない
  • 紙製なので、繰り返し使ううちに角の部分が丸くなってくる
  • 折りたためない

パターンシートを使う

最近100円ショップのセリアで見つけた型紙用パターンシート。
手芸コーナーに置いてあります。
半透明の薄いPP製で、無地と方眼入りの2種類があります。
私は方眼入りの方をよく使います。

パターンシートのメリット

  • PP製なので、何度使っても傷まない
  • 半透明なので布の柄を確認しながら使える

パターンシートのデメリット

  • ボールペンなど一部の筆記用具では書き込みしづらい(細い油性ペンがおすすめ)
  • 半透明なので、型紙の端が見づらい
  • 工作用紙に比べると少々お高め。
  • 折りたためない

型紙用不織布を使う

洋服など、大きな型紙が必要な人には型紙用不織布がおすすめです。
不織布の接着芯(厚めタイプ)の糊無し版と考えてもらえればイメージしやすいです。
私は大きくてもバッグまでしか作らないので、お試しで一度使ったきりです。

型紙用不織布のメリット

  • サイズが大きいので、洋服の型紙として使いやすい
  • 折りたためる

型紙用不織布のデメリット

  • 手に入りづらい(小さな手芸店だと無いかも)
  • 柔らかいので、印付けの時は待ち針などでしっかり固定する必要あり

↑無地タイプの物もありますが、方眼が入ったものだとラインを引く目安になります。
お好みで使い分けると良いでしょう。

まとめ

私が推奨する基本的な型紙の作り方のポイントは

  • 縫い代込みの寸法で作ること
  • 出来上がり線や合印に切り込みを入れる

の2点です。

素材については、工作用紙・パターンシート・型紙用不織布を利用すると繰り返し使えます。

私は基本的には工作用紙を使い、柄の位置を気にしながら裁断する必要があるパーツだけはパターンシートを使っています。
ちなみに、工作用紙にたどり着く前はA4クリアファイルを切り開いて使っていました。
それぞれの素材にメリット・デメリットがあるので、自分の作品に合うものを選んでくださいね。

スポンサーリンク