こんにちは。ハンドメイド作家のミロクです。

サンデージャポンをみていたら、えらいインパクトのある名前の人が出てきました。

その名も「響心の総理」さん!

しかも肩書きは「パンクロッカー・哲学者」。

何から突っ込んでいいのやらわからない人ですが、黒髪丸メガネのパッと見普通な青年でした。

一体どういう人なんでしょう?

プロフィールや現在の活動内容について調べてみました。

スポンサーリンク

響心の総理のプロフィール・経歴を調べてみた!

名前が何パターンもあって不思議!

響心の総理(きょうしんのそうり)さんは、ネットで調べると公式サイトでは「響心総理」という表記で出てきます。

サンデージャポンのテロップには真ん中に「の」が付いていましたが、何故でしょう?

また、公式サイト内のプロフィールでは、名前は「総理」。

正式名称はどれなんですかね?
とりあえず、私が見た時は「響心の総理」さんだったので、この記事ではそう呼ばせていただきますね。

※2019.8.17追記→モンスターサミット出演時も、テロップは「響心の総理」さんでした。
テレビでは「の」が付くルールですか?

 

多彩な肩書きにも驚き!

響心の総理さんは肩書きが非常に多いです。

公式サイトによると、

  • 音楽家
  • アーティスト
  • パンクロッカー
  • 詩人
  • 脚本家
  • 思想評論家
  • てつがくしゃ
  • 人間集会代表

とあります。

 

響心の総理は元々ミュージシャンだった

まず、上3つの音楽家・アーティスト・パンクロッカーは、1つにまとめちゃって良さそうなんですが、ご本人の中ではきっと何かしら区別があるのでしょう。

スポンサーリンク

2011年から「響心SoundsorChestrA」(読み方は きょうしんさうんどおーけすとら、でいいのかな?)というバンドでボーカルとギターを担当。
全楽曲の作詞作曲も総理さんがやっていました。

 

2017年に総理さん以外のメンバーが脱退してしまったため、バンドという形での活動は終わりを告げました。
この頃から、トークイベントのMC・声優・ラジオ出演・雑誌への掲載などミュージシャン以外の活動の幅が広がります。

バンド時代の楽曲が一部music.jpで試聴できます。
論客としてテレビに出ているのとは、また違った印象を受けますよ!

響心SoundsorChestrA の楽曲を聴いてみる

 

気になる肩書は他にもいろいろ…

続いての肩書は「てつがくしゃ」。

哲学者のことですよね?

ミロクミロク

なぜひらがな・・・?

きっとわれわれにはわからない、ふかいふかいりゆうがあるのです。
そうにちがいありません。

 

もう1つ、皆さん気になりますよね。

最後の「人間集会代表」。

公式サイトによると、「一般人が政治や個人のアイデンティティなど普段話しにくいテーマについて語り合う会」だそうですが、具体的にどこでどういった会を開いているかなど、詳細は調査中です。

もしご存知でしたら、コメント欄から教えてください!

響心の総理の本名・出身大学は?

不思議な経歴の持ち主である響心の総理さん、神戸大学大学院卒業という高学歴でもあります。
博士前期課程修了とのことですが、専攻まではわかりませんでした。
現在の活動からして、人文系または心理学などでしょうか?

本名や出身地など、プライベートな情報は今のところ見つけられなくて現在調査中です。

これだけ個性的なキャラ設定なので、「ああ、彼は3丁目のマサオ君よ~!」とか簡単にわかっちゃったらイメージ的にマズイですよね(笑)

まとめ

今回は、サンジャポに出ていた謎の人物「響心の総理」さんについて調べてみました。
正直、プロフィール読んだだけではよくわからない人だな、と思ってしまいました。

知っている人は少ないと思うのですが、個人的には鳥肌実(とりはだみのる)氏みたいな独特の世界観を持った人なのかな、と感じました。
(全然違うジャンルの人だったらごめんなさい!)

今のところ、公式サイトのプロフィール以外にほとんど情報がなくて、謎は深まるばかりです。

今回のテレビ出演をきっかけに、論客としてメディア登場が増えるかもしれませんね。

スポンサーリンク