2019年10月22日、即位礼正殿の儀そくいれいせいでんのぎが行われます。

海外からの来賓を多数招いての厳かな儀式、とても楽しみですね。

今回は、即位の礼の一連の行事で皇后・雅子さまがお召しになる衣装について調べてみました。

伝統的な装束の種類や意味も気になるところですけど、一般庶民としてはぶっちゃけ、ドレスのお値段とかどこのブランドのデザイナーが作ったのかなど、そっちの方が気になりませんか?

結論から言うと、

  • 即位礼正殿の儀では、白い十二単
  • 祝賀御列の儀では、白いローブデコルテというドレス

をお召しになることがわかっています。

また、こちらは予想にはなってしまうのですが

  • 過去の例から、十二単は1500万円以上
  • ドレスは海外ブランド・デザイナーが手掛けるオートクチュールで、お値段は高級車が買えるくらい

ではないかな、と思います。

理由は、続きをご覧ください!

スポンサーリンク

皇后・雅子さまが即位の礼で着用される衣装の種類とそれぞれの服装に込められた意味は?

即位礼正殿の儀では十二単を着用

天皇のご即位を内外にお披露目するための儀式である即位礼正殿の儀で、天皇陛下は儀式用の特別な装束「黄櫨染御袍こうろぜんのごほう」をお召しになります。

それに合わせて、皇后である雅子さまは十二単をお召しになると決まっています。

 

十二単は、平安時代から続く装束で、成人女性の正装とされてきました。

普段着ではなく晴れ着に当たる物なので、当時から宮中での儀式など限られたタイミングでしか着用されていませんでした。

現代においては、今回のように即位の礼で皇后さまがお召しになる以外には、皇族の女性がご結婚される時に着用されます。

ミロクミロク

即位関連のニュースで注目を浴びたせいか、最近は結婚式で十二単を着たい!」という一般女性が増えているんだとか。

 

実は、「十二単」という呼び名は俗称で、正式名称は「御五衣唐衣裳おんいつつぎぬからぎぬも」と言うのですが、難しいので今回は「十二単」のまま進めますね。

黄櫨染御袍については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

十二単は着物を12枚着ているわけではない

十二単という呼び名とその見た目から、着物を12枚重ねて着ていると思われがちなのですが、実際には12枚着ているわけではありません。

十二単を着るときは、襦袢・小袖・長袴を着用した後

  • 単(ひとえ)
  • 五衣(いつつぎぬ) ×5枚
  • 打衣(うちぎぬ)
  • 表着(うわぎ)
  • 唐衣(からぎぬ)
  • 裳(も)

の計10枚を順に重ねて完成です。

五衣は「×5枚」と表記しましたが、絶対に5枚でないといけない決まりはなく、昔は10枚も20枚も重ねて動けなくなるようなこともあったそうですし、簡略化して2~3枚という場合もあります。

今は5枚が標準、ということですね。

一般人の結婚式用の十二単には、5枚着るのではなく、襟・袖・裾の見える部分だけを5枚重ねにして身頃は1枚という簡略化された五衣が使われることが多いです。

色のグラデーションで問われるセンス

形がみな同じである着物にとって、色や柄の表現はとても重要な意味を持っていました。

十二単では、五衣の色の重ね方の違いで着物の格や季節感を表し、さらには着る人のセンスまでも表れるとされています。

五衣の重ね方のパターンは、「襲の色目(かさねのいろめ)」と言って、色の組み合わせごとに名前が付いています。

即位礼正殿の儀で使用する十二単は白!

美智子さま即位の礼の時の十二単

引用元:http://kusagusa.cocolog-nifty.com/dairy/2018/07/post-92b1.html

即位の礼で着用される十二単は白が基本になります。

上の写真は、現在の上皇后さまが平成の即位の礼の時にお召しになった十二単。

一番上の唐衣・2枚目の表着ともに、白を基調としていますね。

白は最も高貴な色とされているため、最重要儀式である即位礼正殿の儀で使われます。

ミロクミロク

ちなみに、写真の美智子さまの十二単は重さが16㎏もあるそうです…。

即位礼当日賢所大前の儀の十二単は純白!

即位礼正殿の儀に先立って行われた、即位礼当日賢所大前の儀。
この時の皇后さまは純白の十二単をお召しになっていました。

即位礼正殿の儀では白を基調とした十二単!

そして、即位礼正殿の儀での皇后さまの十二単がこちら。

上皇后さまと比べると色鮮やかな印象を受けますね。

唐衣の襟元に黄緑色を配し、五衣も赤系のグラデーションが美しく華やかです。

祝賀御列の儀(パレード)では白いドレスを着用

儀式を終えたら、国民へのお披露目となる祝賀御列の儀が行われます。
オープンカーに乗ってのパレードですね。

スポンサーリンク

この時の雅子さまは、ローブデコルテというタイプの白いドレスをお召しになります。

ローブデコルテとは、ネックラインが深く大きくカットされていて、首元や胸元を露わにしたスタイルのドレスです。

欧米では昼の正装とされていますが、日本の宮中行事においては昼間も着用されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

はこさん(@hako_pistachio)がシェアした投稿

この写真で女性皇族の皆様がお召しになっているのがローブデコルテです。

ローブデコルテには、肘まである長い手袋をあわせて着用します。

雅子さまの十二単とドレスのブランド・デザイナーや値段は?

皇后さまが即位礼正殿の儀に着用される十二単と、祝賀御列の儀で着用されるドレスについては、いずれも詳細が公表されていません。

特別な日の装いですから、当然、この日のために誂えた最高級品をお召しになることでしょう。

ここでは、過去の事例などを基に、十二単とドレスの値段・デザイナー・ブランドを予想してみました。

十二単の値段はいくら?

普通の着物ですら着ることが少なくなった現代人にとって、十二単を着る機会なんてまず無いですよね。

もしあるとすれば、結婚式の時くらい?

ある貸衣装屋さんの情報によると、一般の花嫁さん向け十二単の通常のレンタル料金は、100万円を超えるのだそうです。

ということは、購入するとなると少なくとも200万円くらいはかかりそうですね。

しかし、これはあくまで一般の人向けの場合の値段です。
レンタル用なので、素材も手に入りやすく扱いやすいものでしょう。

仕立ても、もしかしたら一部はミシン縫いかもしれませんし。

 

皇族向けの着物と私たちが着る着物では、素材も仕立てもまったく格が違ってきます。

最高級の絹を使い、名のある伝統工芸士が布を織り、凄腕の職人さんが仕立て上げるはずですから、お値段はケタ違いになりますよ。

過去の例で言うと、上皇后・美智子さまがかつてお召しになった十二単は1300万円だったと言われています。

30年前で1300万円ですから、現在の価値にすると1500万円くらいでしょうか。

今回は準備のための時間も十分にあったし、雅子さまの十二単は1500万円以上はするのではないでしょうか?

ドレスのブランド・デザイナーと値段は?

祝賀御列の儀や饗宴の儀でお召しになるドレスについても、誰がデザインしたのかや正確な値段は発表されていません。

なので、こちらも過去の事例を参考にしながら予想をしてみましょう。

まず、雅子さまが天皇陛下(当時は皇太子殿下)とご結婚された時の白いドレス「ローブ・デコルテ」に注目します。

ご成婚の時のドレスは日本を代表するファッションデザイナー「森英恵」さんのデザイン。

珍しく、デザイナーが公表されていましたね。

当然オートクチュールでしょうから、やはりお値段は数百万円しそうです。

 

ネット上では、今回も森英恵さんデザインなのでは?と噂されていましたが、森さんご自身は2004年秋冬オートクチュールコレクションを最後に引退されているので、私は今回は違う人だと思います。

雅子さまは元々海外ブランドのスーツをお召しになることが多かった方ですし、美智子さまの結婚式のドレスと同じくクリスチャン・ディオールなど海外の有名ブランドではないでしょうか。

皇室の方の衣装のブランドや値段が公表されない理由は?

ところで、皇室の方々がお召しになるドレスやスーツについては、ブランドや値段を公表されないことが多いのですが、あなたはその理由を知っていますか?

理由は主に3つあって

  • 国民の税金で購入されるため
  • 商業主義に巻き込まれないため
  • そもそも値段が付けられない

と言われています。

皇族の方々が使うお金にはいくつか種類がありますが、本を正せば国民が納めた税金で成り立っています。

そのため、簡単にブランドや値段がわかってしまうのは好ましくないのですね。

また、ブランド名や商品名が判明すると、そのブランドやデザイナーの商品が注目されて売れ行きに影響が出ます。

海外でも、ロイヤルファミリーが着ている服や使っている品が一気に入手困難になったりしますよね。

皇族は公的な立場の方々ですから、特定の企業に対して利益(または不利益)になるようなことに関わるのはできるだけ避ける必要があるのです。

 

そういった配慮があるのはもちろんですが、そもそも皇族方のために素材から厳選して作られた一点物であったりすると、そもそも値が付けられるようなものではない、ということも理由になるでしょう。

まとめ

今回は、即位の礼(即位礼正殿の儀・祝賀御列の儀)で雅子さまがお召しになる衣装についてお伝えしました。

おさらいすると

  • 即位礼正殿の儀でお召しになるのは、白い十二単
  • 祝賀御列の儀では白のローブデコルテというドレス
  • ドレスのブランドやデザイナー、値段については公表されていない
  • 過去の例から、十二単は1500万円以上と予想される
  • ドレスは海外ブランド・デザイナーが手掛けるオートクチュールで、お値段は高級車が買えるくらいと予想される

ということでした。

当日はどんな素敵な装いとなるのでしょうか。
とても楽しみですね!

スポンサーリンク